PIC解説

PIC超入門!ゼロからLチカまでの道【その4:プログラム書き込み~Lチカ】

投稿日:

前回プログラムが完成したので、あとはプログラムを書き込んで、回路を組み立ててついにLチカです!

あともう少しでゴールなので頑張りましょう。

前回の記事はこちら

PIC超入門!ゼロからLチカまでの道【その3:コンフィギュレーション~プログラミング】

プログラムの書き込み

MPLAB X IDE で作成したプログラムを PIC に書き込むには、プログラマーが必要であり、今回は PICkit3 を使用します。

まずは PICkit3 を PIC に接続しましょう。

PICkit3 、PIC16F1827 のピン配置は下図のようになっているので、PIC の対応するピンにジャンパ線などで繋げます。

具体的には、PICkit3 – PIC16F1827 のピン番号で表すと、

  • 1 – 4
  • 2 – 14
  • 3 – 5
  • 4 – 13
  • 5 – 12

となります。6番ピンは使いません。こんな感じで大丈夫です。

 

次に PICkit3 を PC に接続した状態で、 MPLAB X IDE にて書き込みボタンを押します。

初回はデバイスを選択する画面が出るかと思うので、接続した PICkit3 を選択して進みます。

また、電圧かけすぎてない?ほんとに大丈夫?的な警告が出てきますが、配線を間違えてなければ大丈夫です。そのまま進んでください。

Output ウィンドウに色々ログがでてきて、最終的に Programming/Verify complete と表示されれば書き込み成功です。

何かエラーがでた場合には、配線を確認してみてください。配線に問題がない場合は PICkit3 を PC に接続しなおすとうまくいくことがあります。

 

Lチカ

プログラムの書き込みができたらブレッドボードに回路を組み立てて動作確認をしてみましょう。

回路図はこんな感じです。

ただ LED と抵抗を繋げるだけなので気を付ける点としては LED の極性ぐらいでしょうか。長い方がプラスですよ!

こんな感じにLチカできたでしょうか?

4回にわたる PIC超入門講座いかがだったでしょうか。この記事を見て PIC電子工作を始めてみたという方がいたらとてもうれしい限りです。

不明な点があったらコメントや Twitter などお気軽にどうぞ。

-PIC解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

PIC超入門!ゼロからLチカまでの道【その1:部品購入~IDE導入】

電子工作を始めてみたいけど、何から手を付けていいか分からない…。そんな方のためのゼロからLEDを点滅させる(通称Lチカ)ところまでの超入門講座です。 目次1 PICとは2 必要なもの3 MPLAB X …

【PIC】ADCの使い方 サーミスタで温度測定

今回は ADC (Analog to Digital Converter) の使い方を解説します。 PIC の IOピンは通常デジタルの入出力しか出来ませんが、ADC を使用することでアナログ入力(電 …

【PIC】I2Cでセンサーの値を読み取る

電子工作といえば色々なセンサーを使ってみたいですよね。 温度・湿度センサーや加速度センサー、ジェスチャーセンサーなんてものもあります。多くのセンサーは I2C 通信で扱えるので一つやり方を覚えてしまえ …

【PIC】LCD 1602の使い方

今回はパラレル接続のキャラクタLCD の使い方を紹介します。 タイトルに 1602 とついていますが、キャラクタLCD の制御IC は大抵同じものなので、文字数の違うものだったり、メーカーの違うもので …

PIC超入門!ゼロからLチカまでの道【その2:プロジェクト作成~プロパティ設定】

前回 MPLAB X IDE を導入したので、今回はプロジェクトの作成から説明していきます。 前回の記事はこちら PIC超入門!ゼロからLチカまでの道【その1:部品購入~IDE導入】 目次1 プロジェ …