PIC解説

PIC超入門!ゼロからLチカまでの道【その4:プログラム書き込み~Lチカ】

投稿日:

前回プログラムが完成したので、あとはプログラムを書き込んで、回路を組み立ててついにLチカです!

あともう少しでゴールなので頑張りましょう。

前回の記事はこちら

PIC超入門!ゼロからLチカまでの道【その3:コンフィギュレーション~プログラミング】

プログラムの書き込み

MPLAB X IDE で作成したプログラムを PIC に書き込むには、プログラマーが必要であり、今回は PICkit3 を使用します。

まずは PICkit3 を PIC に接続しましょう。

PICkit3 、PIC16F1827 のピン配置は下図のようになっているので、PIC の対応するピンにジャンパ線などで繋げます。

具体的には、PICkit3 – PIC16F1827 のピン番号で表すと、

  • 1 – 4
  • 2 – 14
  • 3 – 5
  • 4 – 13
  • 5 – 12

となります。6番ピンは使いません。こんな感じで大丈夫です。

 

次に PICkit3 を PC に接続した状態で、 MPLAB X IDE にて書き込みボタンを押します。

初回はデバイスを選択する画面が出るかと思うので、接続した PICkit3 を選択して進みます。

また、電圧かけすぎてない?ほんとに大丈夫?的な警告が出てきますが、配線を間違えてなければ大丈夫です。そのまま進んでください。

Output ウィンドウに色々ログがでてきて、最終的に Programming/Verify complete と表示されれば書き込み成功です。

何かエラーがでた場合には、配線を確認してみてください。配線に問題がない場合は PICkit3 を PC に接続しなおすとうまくいくことがあります。

 

Lチカ

プログラムの書き込みができたらブレッドボードに回路を組み立てて動作確認をしてみましょう。

回路図はこんな感じです。

ただ LED と抵抗を繋げるだけなので気を付ける点としては LED の極性ぐらいでしょうか。長い方がプラスですよ!

こんな感じにLチカできたでしょうか?

4回にわたる PIC超入門講座いかがだったでしょうか。この記事を見て PIC電子工作を始めてみたという方がいたらとてもうれしい限りです。

不明な点があったらコメントや Twitter などお気軽にどうぞ。

-PIC解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【PIC】LCD 1602の使い方

今回はパラレル接続のキャラクタLCD の使い方を紹介します。 タイトルに 1602 とついていますが、キャラクタLCD の制御IC は大抵同じものなので、文字数の違うものだったり、メーカーの違うもので …

【PIC】ADCの使い方 サーミスタで温度測定

今回は ADC (Analog to Digital Converter) の使い方を解説します。 PIC の IOピンは通常デジタルの入出力しか出来ませんが、ADC を使用することでアナログ入力(電 …

【PIC】SPI通信のやり方

多くの PIC に搭載されている MSSPモジュールを使うと I2C と SPI の2つのシリアル通信を行うことができます。 今回は SPI通信のやり方(マスター)を紹介します。 I2C についてはこ …

【PIC】ぷちFatFsでmicroSDカードと通信する

今回は PIC で microSDカードを使用する方法を紹介します。なお、microSDじゃなくて普通のSDカードでも同様にできるはずです。 以下 microSDカードも含めて SDカードと呼ぶことに …

PICでUSARTに四苦八苦

今回はパソコンとのシリアル通信に挑戦しましたがなかなか苦労しました。最初に結論だけ言うと、 マイコンの TX は相手の RX に、RX は TX に! 逆に接続するよ! ってことでした。それでは本文↓ …