製作物

8x8x2色ドットマトリクスLEDの制御基板を作ってみた

投稿日:2023-12-19 更新日:

今回は秋月電子で販売されているこちらの 8x8x2色ドットマトリクスLED を4個並べて 16x16x2色 のLEDを制御できる基板を作成しました。

 

なおこの記事は PCBGOGO にスポンサーしていただいております。

制御IC TM1640

ドットマトリクスLEDはたくさんのLEDがあり制御が大変です。そこで今回は TM1640 という制御ICを使用しました。

TM1640は カソードコモン の7セグLEDを最大16個制御できるICで、秋月電子などで購入できます。

7セグドライバですが、配線としてはドットマトリクスLEDでも変わらないので使用することができます。ただし極性に注意してください。

 

プリント基板の作成

TM1640 1つで8x8x2色ドットマトリクスLEDを1つ制御できるので、このセットを4つまとめた基板を作成しました。

TM1640 との通信はシリアルインターフェースですが、4つのICとの通信を切り替えるために 3to8ラインデコーダ 74HC138 を用いました。

回路図の一部を紹介します。

回路図

中央のTM1640と右のドットマトリクスLEDの組が全部で4つあります。

4つのTM1640に対して、シリアルのデータ線はすべて繋がっていて、外部のピンに繋がっています。一方クロック線はラインデコーダの出力に繋がっていて、外部のピンからのクロックがどれか1つのTM1640に送られるようになっています。

 

ラインデコーダの接続についてもう少し詳しく説明します。74HC138の真理値表は以下のようになっています。

74HC138真理値表

Y4 ~ Y7 は使用しないので C は GND に接続しています。G1は外部ピンにつなげていて、これが H の間だけ有効になります。これはモジュールをいくつもつなげた場合に通信するモジュールを選択できるようにするためです。

G2B も GND に接続しているので、A と B により選択されるラインの出力は G2A の値と一致します。

このようにしてラインデコーダでクロック線を分岐させることができました。

 

PCBGOGOで基板発注

KiCAD で作成した基板がこちらです。

基板設計図

ガーバーファイルを出力し、PCBGOGOのサイトにアップロードして発注します。

今回はスポンサーしていただいたので私は利用していませんが、PCBGOGOでは新規ユーザーに対して PCB $1 & 送料無料 のキャンペーンを実施しているので、気になる方は利用してみてはいかがでしょうか。

 

注文から1週間もかからずに届いた基板がこちらです。今回は白色の基板にしてみました。

印刷の品質などは全然問題なさそうです。

 

部品実装と動作確認

部品を実装したのがこちらの写真になります。白い基板だとはんだのヤニが目立つので、フラックス洗浄剤などできれいにした方がよさそうです。

ちなみにラインデコーダの配線でミスがあったのでこのように無理やり修正しました。(先の回路図は修正後のものです。)

 

動作確認としてサンプルデータを作ってPICで制御してみました。光の拡散用にキムワイプを巻いてみました。


一度にたくさんのLEDを点灯させると表示が不安定になったりしてもう少し実験が必要そうなので、データの作成やPICのプログラムなどについてはまた次回にまとめたいと思います。

 

おわりに

今回はPCBGOGOで基板を作成してドットマトリクスLEDを制御するモジュールを作りました。このモジュールを複数作成して駅の電光掲示板を再現したりしてみたいと思っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。次回の記事もお楽しみにしてください。

-製作物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

PICとグラフィックLCDでシンプルな卓上時計を作ってみた

今回はある程度実用的な卓上時計を作ってみました。日時の表示と温度、湿度、気圧の表示だけのシンプルな機能としました。   目次1 主な使用部品2 回路解説2.1 電源部2.2 RTC2.3 I …

【PIC】圧電素子を使って2000円で電子マリンバを作ってみた

前回の記事で圧電素子の使い方について紹介したので、今回はその応用編として電子マリンバを作ってみました。 以前ネットで電子マリンバなるものを見つけたとき、めちゃくちゃ欲しいと思ったんですが、ウン十万とい …

バブルソートを行う電子回路を作ってみた

今回は CPU を用いずにハードウェアでバブルソートを行う回路を作ってみました。 ソート対象の変数はコンデンサに充電された電圧で、フリップフロップで状態管理、オペアンプで比較・代入を行います。 &nb …

USB給電の小型吸煙器を作ってみた

今回はUSB給電で動作する小型の吸煙器を作ってみました。 今まではんだ付けの際はヤニの煙を吸わないように気を付けながら行っていましたが、吸煙器を使うことでとても快適になりました。 もっと早く作ればよか …

1セル1基板のアナログライフゲーム作ってみた vol.3

前々回でライフゲーム基板、前回でクロックコントローラーを制作しました。 第3回の今回は関連アイテムを作って完成となります。 前々回、前回をまだご覧になっていない方は是非そちらを先にご覧ください。 1セ …